ESP32 Wi-Fi Kit


概要

人気のESP32マイコンをベースとしたWi-Fi無線通信、microSD、リアルタイムクロック機能が入ったキットです。Basic Kitより少しサイズが大きく、消費電力も大きくなっていますが、断然高性能です。コイン電池では動作しませんが、少し大きめの電池で動きます。そのままで、スマートフォンやパソコンにWi-Fiを使ってタッチセンサの値を送信し、簡単に表示できます。

内容物

Type Item Q’ty
AP02 ESP32 MCU 1
AV04 2V~4.5V 1
AX07 Back to back 1
AX08 29 pin header 1
AZ02 RTC & microSD 1
AZ62 Connector Cover 2
AZ63 Nut Plate 2
AAA battery holder 1
Caution note 1
M2*12mm screw 2
φ10x2mm magnet 1

リーフ一覧

Card image cap

AP02 ESP32 MCU

Espressif Systemsの、技的認証済みWi-FiとBluetooth LEを内蔵したモジュールESP32-WROOM-32を搭載した32bit MCUリーフです。

Card image cap

AV04 2V~4.5V

リチウムイオンバッテリや電池ボックス接続用のJST製SHコネクタと電源スイッチ、電圧モニタ用のADコンバータ、3.3V昇降圧回路を搭載した電源リーフです。2V~4.5Vの電池電圧入力に対応しています。

Card image cap

AX07 Back to back

リーフを背中合わせに接続可能なコネクタリーフです。

Card image cap

AX08 29pin header

リーフI/Fの29ピン全てを2.54mmピッチのピンヘッダに接続したリーフです。

Card image cap

AZ02 RTC&microSD

NXPのReal-Time Clock PCF8523TKおよびmicroSDカードスロットを搭載したリーフです。RTCはアラームやタイマによりMCUに割り込み信号を出力することが可能です。microSDカードはSPIでアクセスします。

Card image cap

AZ62 Connector Cover

Connector Coverは、ACR (Anisotropic Conductive Rubber)に付着するゴミを防御することが出来ます。

Card image cap

AZ63 Nut Plate

Nut Plateは、リーフをネジで固定する時に使用します。市販の六角ナットを用いると基板の電極に触れて、ショートをおこすことがあるので要注意。

サンプルアプリ・応用例

変更履歴

  • Rev A1.0: 2020年1月初版
最終更新 October 19, 2020