STM32 MCU の Arduino IDE 設定

Arduino IDEにSTM32 Coresをインストール

以下の手順で STM32 MCU 開発環境の設定を行いましょう。

用意するもの

  • STM32 MCUリーフ
  • USBリーフ
  • PC (Windows、Mac OS X 、または Linux)

Arduino IDEはインストールしてある前提です。

マイコンボードの設定

STM32 MCUリーフをArduino IDEで使用するには、STM32 Coresのインストールが必要です。

Arduino IDEのファイル → 環境設定を開き、追加のボードマネージャのURL:に、下記URLを入力してください。

https://github.com/stm32duino/BoardManagerFiles/raw/master/STM32/package_stm_index.json

ツール→ボード→ボードマネージャを選択し、STM32 Coresを検索し、インストールのボタンを押しましょう。

STM32 Coresの詳細は、こちらを参照してください。

STM32CubeProgrammer software V2.4.0をインストールすれば、STM32 MCUが使えるようになります。

V2.5.0は動かないので注意してください。

Get Softwareボタンをクリックします。

Select versionsをクリックして、2.4.0を選択します。

ACCEPTをクリックします。

E-mail addressを入力し、
□I have read and understood the Sales Terms & Conditions, Terms of Use and Privacy Policy
をチェックして、Downloadをクリックします。

下記が表示されます。

登録したアドレスにメールが届くのでDownload nowをクリックしてダウンロードします。

マイコンボードへの書き込み

ツール → ボード→ STM32 Boards (Selected from submenu)→ Nucleo-64 をクリックします。

ツール → Board part number: *****→ Nucleo L452RE をクリックします。

ツール → Upload method: ***** → STM32CubeProgrammer(Serial) をクリックします。

これでSTM32 MCUリーフが使えるようになります。

マイコンボードに書き込む

STM32 MCUリーフの書き込みスイッチをOnにします。すると赤LEDが点灯します。 Arduino IDEのマイコンボードに書き込むボタンをクリックします。 正常に書き込まれた場合は Start operation achieved successfullyと表示されます。

書き込みが完了したら、 STM32 MCUリーフの書き込みスイッチをOffにしてください。すると赤LEDが消灯します。 STM32 MCUリーフのリセットスイッチを押してください。

書き込みスイッチをOnにしないで書き込みを行った場合は ボードへの書き込みが完了しましたと表示されますが、下部にTimeout error occuredと表示されます。 書き込みスイッチをOnにしていてTimeout error occuredが表示された場合は、リセットスイッチを押して再度マイコンボードに書き込むボタンをクリックします。

最終更新 November 20, 2020