STM32のデバッグを行う場合

概要

STM32のデバッグを行う場合はArduino IDE以外の開発環境(STM32CubeIDE等)と開発ツール(STLINK-V3SET等)が必要です。 Leafonyとを開発ツールはSWDで接続します。

SWDの使用

AX01 Shieldを接続することにより、LeafonyでSWDを使用することができます。



 SWDコネクタの仕様
コネクタ型番 FTSH-105-01-L-D
ピン数 10
ピンピッチ 1.27mm

ピン配置


開発ツール

STLINK-V3SETにはAX01 ShieldのSWDコネクタに接続するケーブルが付属しているため、そのまま接続が可能です。


その他の開発ツールの接続

ST-LINK-V2を持っている場合は、変換アダプタ(ARM-JTAG-20-10)により接続が可能です。 変換アダプタを使用してジャンパケーブル等でNucleo のSWDに接続することも可能です。


Nucleo のSWDに接続する場合、自作も可能です。

最終更新 November 11, 2020