ESP32 Wi-Fi Kit スタートガイド

Wi-Fi搭載のリーフを使ってみよう!

ESP32 Wi-Fi Kit は、Wi-FiとBluetooth LE内蔵のESP32-WROOM-32を搭載した乾電池やリチウムバッテリーで駆動可能な開発キットです。

Wi-Fiを使ってスマートフォンやパソコンに、タッチセンサの値を送信することが簡単にできます。

ESP32 Wi-Fi Kitは、箱を開けたらすぐに使えるこのプログラムが書き込まれています。

用意するもの

  • ESP32 Wi-Fi Kit
  • Wi-Fi機能を搭載したPC、スマートフォン、またはタブレット
  • お好みのWebブラウザ

使い方

  1. ESP32 Wi-Fi Kitに単4電池3本をセットし、電源スイッチをONにして下さい。
    assemble
  2. PC、スマートフォン、またはタブレット等で周辺のWi-Fiを検索し、以下のSSIDのWi-Fiに接続します。
    • SSID: Leafony_ESP32-AP
    • Password: password
  3. 以下のURLをコピーし、WebBLEを立ち上げてアドレスバーに貼り付けてください。
 http://192.168.4.1
  1. 29pin headerの7、9、22、24、26、28ピンがタッチセンサに割り当てられています。
    ピンに触れると静電容量が増えるため、値が減少します。値が閾値20以下になると”Touch detected”と表示されます。
    (24ピンはRTC&microSDと干渉しているため、サンプルスケッチでは非表示にしています。検出閾値は、スケッチで変更可能です。以下の写真では、指先で26ピンに触れています。)


  1. 26ピンに触れていると、以下のようにWebブラウザの表示が変化します。 


  1. ESP32 Wi-Fi KitのNut Plate部分にマグネットが付いています。金属の壁などに設置してみましょう。


  1. 今回使用したサンプルアプリは「Wi-Fi タッチセンサ」です。ソースコードや動作の仕組みはこちらでご覧になれます。
最終更新 September 11, 2020