ESP32 Wi-Fi Kit スタートガイド

Wi-Fiでパソコンやスマートフォンにタッチセンサの値を送信

ESP32 Wi-Fi Kit は、Wi-FiとBluetooth内蔵のESP32-WROOM-32を搭載した乾電池やリチウムバッテリーで駆動可能な開発キットです。Wi-Fiでパソコンやスマートフォンにタッチセンサの値を送信することができるプログラムが、プレインストールされています。

用意するもの

  • ESP32 Wi-Fi Kit
  • パソコンやスマートフォン

使い方

  1. ESP32 Wi-Fi Kitに単4電池3本入れ、電源スイッチをONにして下さい。
    assemble
  2. パソコンやスマートフォンで周辺のWi-Fiを検索し、以下のSSIDのWi-Fiに接続します。
    • SSID: Leafony_ESP32-AP
    • Password: password
  3. Webブラウザを立ち上げて、以下のURLをアドレスバーに貼り付けてください。
 http://192.168.4.1
  1. 29pin headerの7、9、22、24、26、28ピンがタッチセンサに割り当てられています。ただし、24ピンは、RTC&microSDと干渉しているため、サンプルスケッチでは非表示にしています。ピンに触れると静電容量が増えるため、値が減少します。閾値20以下になると”Touch detected”と表示される設定にしています。検出閾値は、スケッチで変更することが出来ます。


  1. 26ピンに触れると、以下のようにWebブラウザの表示が変化します。 


  1. ESP32 Wi-Fi KitのNut Plate部分にマグネットが付いているので、金属の壁などに取付られます。


  1. ソースコードや動作の仕組みは、 Wi-Fi タッチセンサに記載されています。

前のページに戻る

最終更新 April 14, 2021