Wi-Fi タッチセンサ

概要

工場出荷時に、ESP32 MCUリーフにArduinoのスケッチが書き込まれているので、スマートフォンやパソコンのWi-Fiを使ってタッチセンサの値を送信して、表示がされます。

使用するリーフ

以下のリーフを使用します。

Type Name Q’ty
AP02 ESP32 MCU 1
AV04 2V~4.5V 1
AX07 Back to back 1
AX08 29pin header 1
AZ62 Connector Cover 2
AZ63 Nut Plate 2
AAA battery holder 1
AAA battery 3
M2*15mm screw 4
φ10x2mm magnet 1

リーフの組み立て

下図のようにリーフを組み立てましょう。

assemble1

ピンアサイン

各リーフのピンアサインは下図を参考

ソースコード

使用するスケッチは下記のGitHubリポジトリにあります。

Leafony/Sample-Sketches/ESP32_AP_Touch - GitHub

実行方法

  1. ESP32 Wi-Fi Kitに単4電池3本をセットし、電源スイッチをONにして下さい。
    assemble
  2. PC、スマートフォン、またはタブレット等で周辺のWi-Fiを検索し、以下のSSIDのWi-Fiに接続します。
    • SSID: Leafony_ESP32-AP
    • Password: password
  3. 以下のURLをコピーし、WebBLEを立ち上げてアドレスバーに貼り付けてください。
 http://192.168.4.1
  1. 29pin headerの7、9、22、24、26、28ピンがタッチセンサに割り当てられています。
    ピンに触れると静電容量が増えるため、値が減少します。値が閾値20以下になると”Touch detected”と表示されます。
    (24ピンはRTC&microSDと干渉しているため、サンプルスケッチでは非表示にしています。検出閾値は、スケッチで変更可能です。以下の写真では、指先で26ピンに触れています。)


  1. 26ピンに触れていると、以下のようにWebブラウザの表示が変化します。 


  1. ESP32 Wi-Fi KitのNut Plate部分にマグネットが付いています。金属の壁などに設置してみましょう。


最終更新 January 22, 2021