LoRaを使ってセンサの値を表示

概要

LoRa Easyリーフを使って、センサデータ(温度・湿度・照度・傾き)を、遠く離れた場所に送り、パソコンのターミナルに出力します。


表示させたい温度(または、湿度)と4-Sensorsの温度(または、湿度)に、ずれがあるときは、2点間補正を行います。詳しくは、こちら

デモ動画



使用するリーフ

以下のリーフを使用します。

送信側リーフ

Type Name Q’ty
AC03 LoRa Easy 1
AX04 Spacer 1
AI01 4-Sensors 1
AP01 AVR MCU 1
AV03 CR2032 1
AZ01 USB 1
AZ61 Connector 2
AZ62 Connector Cover 3
AZ63 Nut Plate 2
AA battery 1
M2*25mm screw 6

受信側リーフ

Type Name Q’ty
AC03 LoRa Easy 1
AP01 AVR MCU 1
AX03 Leaf x2 1
AZ01 USB 1
AZ62 Connector Cover 2
AZ63 Nut Plate 2
M2*15mm screw 4

リーフの組み立て

下図を参考にリーフを組み立ててみましょう。

送信側

assemble1

受信側

assemble2

ソースコード

  • 書き込みには、4-Sensorsと、AVR MCUライブラリ(タイマ割り込み)が必要です。予め、ライブラリをインクルードしておいてください。詳しくは、こちら
  • Arduino IDEで、下記のプログラムを書きましょう。

実行結果

Arduino IDEのシリアルモニタを開き、ボーレートを9600bpsとすると、センサデータ(温度・湿度・照度・傾き)が表示されます。


最終更新 October 7, 2020