Basic Kit 2 スタートガイド

Bluetoothで環境センシング

Basic Kit 2には、Leafony block(複数のリーフをネジ止め)、STM32 MCU、29pin、ケース、ドライバーが入っています。 Leafony blockのマイコンには、あらかじめスケッチが書き込まれています。まずは、Basic Kit スタートガイドをお試し下さい。

STM32_sakurai.png

STM32リーフにあらかじめ書き込まれているスケッチでは、IoT応用に良く出てくるような次の動作を確認できます。

  • センサのデータを一定時間間隔で取得し、
  • そのデータをSTM32のマイコン内部のEEPROMに書き込むとともに、
  • Bluetooth無線通信でデータを送信する

これらの動作を超低電力で行えるように、上図のように双方向通信ができるconnection modeと超低電力なbeacon modeの2つのモードを使っています。一定時間間隔(デフォルト10秒、変更可能)でセンサデータを取得し、EEPROMにデータを蓄積するとともに、beacon modeでデータを一方的に送信します。Connection mode を使ってEEPROM内のセンサ蓄積データをPCやAndroidスマホに一括ダウンロードすることもできます。 それでは、ビデオとwebを見ながら、新しいSTM32リーフをお試しください。

Web Bluetooth

Web Bluetoothは、Leafony blockのデータ(最大169サンプル)をグラフにしたり、センシングしたデータを表示させること(Android のみ)が出来ます。ただし、対応のブラウザに制限がありますので、注意して下さい。

Web Bluetoothの注意点

2021年8月時点ではWeb Bluetoothは以下の点に注意しなければいけません。

  • iPhoneのChromeでは動作しません。WebBLEという有料のアプリは利用出来ません。
  • センシングデータを表示出来るのは、Andoroid のみです。Google Chromeを開き、 アドレスバーに、下記URLを入力し、Enabledにして下さい。

  chrome://flags/#enable-experimental-web-platform-features

用意するもの

  • Basic Kit
  • Android1、Mac2、Windows3、Linux4のスマートフォンやパソコン
  • Google Chrome (バージョン70.0.3526.0以降)

デモ動画

セットアップ

  1. STM32 MCUの Conector Coverを外し、Leafomny blockのAVC MCUとUSBリーフを取り外し、STM32 MCUリーフを付けます。

  2. Leafony blockに、CR2032コイン電池を入れ、電源スイッチをONにします。

  3. STM32 MCUリーフのプログラムスイッチを、Runにします。

使い方

  1. Google Chromeを開きます。

  2. Webアプリを開き、画面に従って操作を進めて頂くと、センサが測定開始し、センシングデータをグラフにしたり、データをスマホ(Androidのみ)で確認することが出来ます。

最後に

センサデータの取得間隔の変更は次の初期設定の変更を押して、行ってください。デフォルトは10秒になっています。計算値ではありますが、データ取得の時間間隔が数分以上であれば、CR2032コイン電池でも電力的には数か月動作すると考えられます。 センサデータがダウンロードできれば、正常動作しています。Quickstartはここまでです。 詳しくは、STM32 Logger Beaconに記載しています。

前のページに戻る


  1. Android 6.0 Marshmallow以降 ↩︎

  2. OS X Yosemite以降 ↩︎

  3. Windows 10 version 1703以降 ↩︎

  4. Kernel 3.19+ and BlueZ 5.41+ installed. ↩︎

最終更新 September 9, 2021