Google Sheetsを使ったIoTサービス

概要

ESP32 MCUリーフと4-Sensorsリーフだけで、IoT環境センサを作り、Google スプレッドシートを使って、センサデータを可視化します。

Google Sheetsの準備

ESP32 MCUリーフが送るセンサデータをGoogle Sheetsで表示する、IoTサービスを紹介します。 ブラウザを閲覧できるPCやスマホがあれば、どこでもデータを確認できます。
まずは、Google Sheetsでデータを表示するための設定を以下の通り行いましょう。

  1. Googleアカウントにログインし、新しいスプレッドシートを作成しましょう。アカウントがない場合は作成してください。


  1. Google Sheetsのタイトル(デフォルト:無題のスプレッドシート)は自由に変更して大丈夫です。
    また、シート番号(デフォルト:シート1)も自由に変更して大丈夫です。

  2. 下のGoogle SheetsのURLの部分の赤枠で囲った記号列は、後でGoogle Sheetを指定するのに利用するので、適当な場所にコピーしておいてください。

    • ここでは、1o0cogc3aomAj58CRdMZARNJtoEmf8dB9ebY02jKV9tA


  1. ツールからスクリプトエディタを開き、Githubのソースコードをコピー&ペーストしてください。


  1. 以下の変数に、先ほど作成したGoogle Sheetsの情報を入力してください。
    • google_sheets_id:先ほどコピーしたGoogle SheetsのURLの記号列
    • sheet_name:書き込み先のシート名(デフォルト:シート1


  1. Google Sheetsを公開する手順について、説明します。
    公開->ウェブアプリケーションとして導入をクリックします。


  1. 続いて、アクセスの権限をAnyone, even anonymousに変更し、誰でも閲覧できるようにします。


  1. デプロイボタンを押すと、Script AppからGoogle Sheetsへのアクセス権限の確認が行なわれるので、許可を確認をクリックしてください。


  1. 左下の詳細をクリックしてください。


  1. 次に警告が出るので、(安全ではないページ)に移動をクリックしてください。


  1. 最後にスクリプトからスプレッドシートへのアクセスリクエストを許可してください。


  1. 以下のポップアップ画面が表示され、今回作成したウェブアプリ固有のURLが発行されるので、URLをコピーしてOKをクリックしてください。


(アプリ固有のURL)

https://script.google.com/macros/s/AKfycbw-8Wx8Zf0alULuD3aLQdwnyVM8hSHAiDsrj49wA17ZqE7y-tP8/exec

Google Sheetsの動作確認

  1. 今回は試しに、Datetime、UniqueID=Leafony_AP02-1、Temperature=100、Humidity=100、Illumination=100 を、Google Sheetsに書き込んでみます。

  2. アプリ固有のURLに、?UniqueID=Leafony_AP02-1&temperature=100&humidity=100&illumination=100を追加すると、以下の通りになります。

https://script.google.com/macros/s/AKfycbw-8Wx8Zf0alULuD3aLQdwnyVM8hSHAiDsrj49wA17ZqE7y-tP8/exec?UniqueID=Leafony_AP02-1&temperature=100&humidity=100&illumination=100


  1. 上記のURLをブラウザに貼り付け、アクセスすると、設定したGoogle Sheetsにデータが書き込まれます。

Google Sheetsの1行目に記載されているカラム名は自動表示されないため、予めご記載ください。


スクリプトのミスがあった場合

  1. スクリプトを修正します。
  2. 公開->ウェブアプリケーションとして導入をクリックします。
  3. 最初と全く同じ設定でデプロイすると修正したコードがうまく反映されないことがあるので、再デプロイのときはProject versionNewに設定して更新をクリックします。
  4. またその時動作しているウェブアプリのURLは以下で確認出来ます。


次へ進む

最終更新 October 1, 2020