ESP32 MCU の Arduino IDE 設定

Wi-Fi搭載リーフを使ってみよう!

以下の手順で ESP32 Wi-Fi Kitの Arduino IDE開発環境の設定を行いましょう。

用意するもの

  • ESP32 Wi-Fi Kit
  • PC (Windows、Mac OS X 、または Linux)

Arduino IDEのインストール

Arduino IDEは、オープンソースの電子工作向けハードウェアプラットフォームであるArduinoの開発環境です。
この開発環境では、プログラムを記述したり、Arduino基板にプログラムを書き込んだり、基板から送られてくるデータを表示したりすることができます。
LeafonyはArduino互換の基板なので、Arduino IDEを使って開発できます。

早速Arduino IDEをダウンロードしてみましょう。

  1. Arduino ホームページから「SOFTWARE」 → 「DOWNLOADS」の順でページを開き、Arduino IDEのダウンロードページに飛ぶ。
  2. 「Download the Arduino IDE」と書いてある場所で、使用しているOSにあったインストーラをダウンロード。
  3. ダウンロードしたインストーラを実行して、画面の指示に従ってArduino IDEをインストール。

PCと接続

USBケーブルでPCと接続しましょう。

マイコンボードの設定

ESP32 MCUリーフをArduino IDEで使用するには、Arduino core for the ESP32 のインストールが必要です。

  1. Arduino IDEのファイル → 環境設定を開き、追加のボードマネージャのURL:に、下記URLを入力してください。

  https://dl.espressif.com/dl/package_esp32_index.json


  1. ツール→ボード→ボードマネージャを選択し、esp32 by Espressif Systemsを検索し、インストールのボタンを押しましょう。


  1. ツール → ボード → ESP32 Dev Moduleを選択すれば、ESP32 MCUが使えるようになります。

マイコンボードの動作確認

サンプルスケッチを書き込んで、ESP32 Wi-Fi Kitを動かしてみましょう。

  1. Arduinoを起動する。
  2. 下記のサンプルコードをコードエディタに貼り付ける。
//*****************************
// ボタン入力の状態をシリアルモニタに表示するサンプル
//*****************************
int pushButton = 0;

void setup() {
  Serial.begin(115200);
  pinMode(pushButton, INPUT);
}

void loop() {
  int buttonState = digitalRead(pushButton);
  Serial.println(buttonState);
  delay(1);
}
  1. ESP32リーフが接続されたCOMポートを選択する。
  2. マイコンボードに書き込むボタンを押してスケッチを書き込む。
  3. 書き込み中に下記の表示が出たら、ESP32リーフのBootモードスイッチを長押しする。

  1. シリアルモニタを開いて、通信速度を115200bpsにする。
  2. Bootモードスイッチ(IO0)を押してスイッチの入力状態が変わるのを確認する。

困ったときは

うまく動かないときは」で解決方法を探してみましょう。

ライブラリのインストール

一部のリーフを使用するには、追加のライブラリをインストールする必要があります。 下記の手順を参考に、あらかじめ全てののライブラリをインストールしておきましょう。

1. 使用するライブラリ

各Kitで使用するライブラリは以下の通りです。

リーフ名 必要なライブラリ名 推奨バージョン 説明
BLE TBGLib Bluetoothライブラリ
4-Sensors Adafruit_Sensor.h ユニファイドセンサドライバ
Adafruit_BusIO_Register.h Bus IOライブラリ
HTS221.h 温湿度センサライブラリ
ClosedCube_OPT3001.h 照度センサライブラリ
Adafruit_LIS3DH.h 1.1.2 加速度センサライブラリ
LCD ST7032.h LCDライブラリ
RTC&MicroSD RTClib.h RTCライブラリ

2. Githubからライブラリをダウンロード

上記表のリンクをクリックすると、ライブラリのGitHubリポジトリにアクセスします。 Code → Download ZIPをクリックし、ライブラリをダウンロードしましょう。

github

3. ライブラリのインクルード

Arduinoを立ち上げ、スケッチ → ライブラリをインクルード → ZIP形式のライブラリをインストールの順に選択して、先程ダウンロードしたZIPファイルを読み込みましょう。

include


最終更新 October 19, 2020