Basic Kit スタートガイド

Bluetoothで環境センシング

Example_Keio_v3_1-300x281.png

Basic Kitは、温湿度、照度、加速度センサを搭載した4-Sensorsリーフ、AVR MCUリーフ、Bluetoothリーフを搭載した小型でコイン電池で駆動可能な開発キットです。スマートフォンやパソコンに、Bluetoothを使って、センサの情報を送信出来る「Web Bluetooth」というアプリが、プレインストールされています。

用意するもの

  • Basic Kit
  • Android1、Mac2、Windows3、iPhoneまたはiPad4、Linux5のスマートフォンやパソコン
  • Google Chrome (バージョン70.0.3526.0以降)

デモ動画


セットアップ

  1. Basic Kitに、CR2032コイン電池を入れ、電源スイッチをONにします。

使い方

Android、Mac、Windowsの場合

  1. Google Chromeを開きます。
  2. Webアプリを開きます。
  3. WebアプリのConnectボタンを押して、Leafony_AC02を選択し、Pairボタンを押します。

basic_android

  1. 接続が完了です。

  2. ソースコードや動作の仕組みは、Web Bluetoothを使ったIoTアプリ入門に記載しています。

iPhoneまたはiPadの場合

  1. App StoreからWebBLE をダウンロードします。5
  2. WebBLEを立ち上げて、以下のURLをアドレスバーに貼り付けてください。
 https://docs.leafony.com/WebBluetooth_for_Leafony_app/
  1. WebアプリのConnectボタンを押して、Leafony_AC02を選択し、Pairボタンを押します。


    basic_android

  2. 接続が完了です。 画面上に「Download CSV 」のボタンはありますが使用で出来ません。

  3. ソースコードや動作の仕組みは、Web Bluetoothを使ったIoTアプリ入門に記載しています。

Linuxの場合

  1. Linux上でWeb Bluetoothを有効にするために、How to get Chrome Web Bluetooth working on Linuxを参考に環境設定してください。

  2. Google Chromeを開きます。

  3. Webアプリを開きます。

  4. WebアプリのConnectボタンを押して、Leafony_AC02を選択し、Pairボタンを押します。

    basic_android

  5. 接続が完了です。

  6. ソースコードや動作の仕組みは、Web Bluetoothを使ったIoTアプリ入門に記載しています。

前のページに戻る


  1. Android 6.0 Marshmallow以降 ↩︎

  2. OS X Yosemite以降 ↩︎

  3. Windows 10 version 1703以降 ↩︎

  4. iPhone、またはiPadは、WebBLEのアプリが必要です。 ↩︎

  5. Kernel 3.19+ and BlueZ 5.41+ installed. ↩︎

最終更新 April 7, 2021