スピーカ

概要

SP&PIRリーフに搭載された圧電スピーカを使って、メロディーを鳴らしましょう。

使用するリーフ

以下のリーフを使用します。

Type Name Q’ty
AI02 SP&PIR 1
AP03 STM32 MCU 1
AV01 CR2032 1
AZ01 USB 1
AZ62 Connector Cover 1
CR2032 coin cell battery 1
M2*15mm screw 2

リーフの組み立て

下図のようにリーフを組み立てましょう。

assemble1

ソースコード

Arduinoを開き、ファイル → スケッチ例 → 02.Digital → toneMelodyを開いてください。

このサンプルコードでは、スピーカが8番ピンに接続されている事になっています。
しかし、Leafonyではスピーカが5番ピンに接続されているので、下記の部分を修正して正しいピン接続になるようにしましょう。1

  • 37行目の8PB4に変更
tone(PB4, melody[thisNote], noteDuration);
  • 44行目の8PB4に変更
noTone(PB4);

実行結果

スピーカーから一度だけメロディが鳴ります。

前のページに戻る


  1. プログラムは、AVR MUCリーフとピンの指定のみが異なります。詳しくは、こちら ↩︎


最終更新 March 3, 2021