自作リーフ開発

自分オリジナルのリーフを開発しよう

基板CAD用テンプレートプロジェクト

Leafonyの基板設計には各種回路CAD向けのテンプレートプロジェクトを用いると便利です。

I2Cアドレスマップ

Leafonyキットには、I2C通信を使用しているリーフがいくつか存在します。
同じI2Cピンを使用して複数のICと通信する場合、原則として同じI2Cアドレスを使用することはできません。
自作基板でI2C通信を使用する場合は、アドレスが重複しないように設計して下さい。
すでに使用されているアドレスは下表のとおりです。


Type Leaf Description Chip I2Cアドレス 変更可能アドレス
AI01 4-Sensors 温湿度センサ HTS221TR 0x5F - -
照度センサ OPT3001 0x45 0x44 -
加速度センサ LIS3DHTR 0x19 - -
AI02 SP&PIR PIR AK9754 0x65 0x66 -
AI03 MIC&VR&LED IOエキスパンダ PCA9557RGVR 0x1B - -
AI04 LCD LCD AQM0802A-RN-GBW 0x3E - -
IOエキスパンダ PCA9557RGVR 0x1A 0x1E -
AV01-AV04 BAT ADC ADC081C027CIMK 0x50 0x51 0x52
AV05 Solar ADC ADC081C027CIMK 0x52 0x50 0x51
AV06 Grove IOエキスパンダ PCA9557RGVR 0x18 - -
AZ02 SD&RTC リアルタイムクロック PCF8523TK 0x68 - -

Leafony bus ピンレイアウト

基板製造チュートリアル

最終更新 October 16, 2020